東京女子荘は湯島駅から徒歩1分!ネット配信設備完備のBARロケーション。アイドルの1日店長営業やネット番組を放送しています。
2016.08.29 » 9か月 前

東京女子荘の小さな恋のうた-星野こゆき芸歴1周年記念曲-



深夜の東京女子荘パワーで飛び出した「昔の芸名 うんこ舐めたろう説」をオーマジュしつつ
星野こゆきが1年間 東京女子荘で頑張り続けた姿を見続けてきた管理人のおじさんが涙を流しながら書いた一曲!
今だかつてこんなに真面目な曲があっただろうか!?

=======================
東京女子荘の小さな恋のうた
作詞:管理人のおじさん

広い地球に数あるひとつ 湯島の隅の小さな店で
小さな君と偶然出会う 小さな場所の大きな未来

あなたと出会い時は流れる 新たなことに 挑戦したい
2人で決めた 互いの気持ち 不安もあり でも意味は
これから続く 遥か未来へ 心機一転 名前を変える

ほら 君の名前 星野こゆきは とても可愛いよ
でも 忘れないで 昔の名前 うんこ甜め太郎
なめ なめ なめ うんこ甜め太郎

こゆきは歩く小さな道で 日々する努力
はじめたことは やめることなく 思いは強く 今日も変わらず
苦しいことも きっとあるけど 真面目に進む 同じ自分で
ときにはひとり 涙を流し 悔しい気持ち
つらい時には ただ酒を飲み ただ酒を飲み

ほら 泣いた顔も 星野こゆきは とても可愛いよ
でも 忘れないで お前の本名 うんこ甜め太郎
なめ なめ なめ うんこ甜め太郎

芸名は変えないで 芸名は変えないで
星野こゆきを 名乗り続けるか どうしようかな

もう 君の名前 星野こゆきは やっぱやめようか
でも 安心して 元に戻すだけ うんこ甜め太郎
ほら 声に出せば うんこ甜め太郎 とても可愛いよ
でも 新たな名前 もかんがえてみた うんこ置き太郎
おき おき 2年目の芸名は うんこ置き太郎